用途で選ぶ:『 結婚記念日

『結婚記念日 』に関する花知識

結婚記念日には、これまでの二人の想い出に花を添えるという意味で、未来にもっと幸せの花が咲き誇るようにと、明るく可憐な印象のものを贈るのが一般的です。 メインに大きなものをあしらい、まわりに鮮やかな小ぶりの花をたくさん添えるといったアレンジが多く見られます。 花言葉や好きな花という以外で、やはりお二人の想い出の花を贈ることも多いようです。

銀婚式や金婚式、サファイヤ婚式、プラチナ婚などには、それぞれにちなんだお花を贈るのが一般的です。 その宝石の色でコーディネイトするのが主流です。

友人などに贈る場合は、お二人の結婚式で使用したブライダルブーケの花を贈るというのもいいでしょう。 チューリップなどの「幸せ」を象徴するお花を選ぶのも無難です。

MLS TCimg

このページの上部に戻る